二重にする治療(整形2)

二重まぶたにするための手術は埋没法のほかにも種類があります。 次は部分切開の方法を見ていくことにしましょう。部分切開法は外科的な施術により 二重まぶたを作り出す方法です。方法としては、メスを使い、まぶたを部分的に切開し て二重まぶたのラインを作っていきます。

埋没法が今では二重まぶたの手術の主流となっているのですが、全ての人が 埋没法で二重まぶたを実現するとは限りません。中には埋没法ではうまく二重まぶた が作り出せない、という人もいるのです。

たとえばまぶたがはれぼったい状態である、とか、皮膚に厚みがありまぶたも厚い、 という人、さらには埋没法で二重にしたものの、納得いく二重のラインが出なかった、 などという人は埋没法を使うことができません。

そこでこのようなケースには、部分切開法がいいとされているのです。実際に どのようなラインで二重にしたいか、などをカウンセリングで打ち合わせて、 好みのラインが設定できたら、そのラインに沿って2箇所部分的に小さく切開を行います。

このときにはまぶた全体に局部麻酔をしているので施術中の痛みはありません。 麻酔は注射で行います。そして2箇所を切開したら皮膚を縫合します。 これにより、本人が希望する二重のラインを実現することができるのです。 施術にかかる時間は片目で20分程度とされています。もちろん、傷跡は二重のラインに 沿っているので、後から目立つということもありません。

また、日帰りで行うことのできる手術です。麻酔が切れると若干の痛みが出ますが、 鎮痛剤などで抑えることができる程度です。たいていの場合は、数日後に状態を見て抜糸、 ということになります。抜糸をしたらアイメイクをすることができるようになります。 埋没法ではうまく二重になれないとあきらめていた人も、この施術では希望通りの 二重を実現することができるようになります。

当サイト人気コンテンツ

アイプチで自力で二重まぶた
二重になりたいと思っている人は、アイプチという商品をご存知なのではないでしょうか。これは、外科的な処置のほかの方法で二重に見せたい、という人の多くが一度は利用したことのあるといわれている・・・ 続きを読む

二重対策のマッサージについて
まずは親指でまぶたの中心を押さえます。指先が内側を向いているように両方の指でそれぞれの目を押さえます。そして、押さえている状態で目を開けます。このとき親指はそのまままぶたの中心に置き・・・ 続きを読む

二重まぶたにする整形治療
まずは「埋没法」という方法をご紹介しましょう。これは手術で二重にする方法の中でも、プチ整形といわれるほど簡単な方法です。この方法ではメスで切開することはありません。簡単に言えば糸を使って・・・ 続きを読む


【その他・人気コンテンツ】
★ 二重にするテープ
★ アイプチで注意すること
★ 二重を指マッサージで
★ なぜ二重に憧れるのか
★ どんな種類がある?


Copyright (C) 2007 二重まぶた@解説NAVI All Rights Reserved.