二重にする治療(整形3)

二重まぶたを実現するためには、外科的な手術によって行う方法が一般的とされていますが、 今まで紹介した埋没法や部分切開法のほかにも外科的な方法があります。それは、目頭切開法です。 では、この手術がどのようなものなのか、内容を見ていくことにしましょう。

目頭切開法は、二重まぶたを作る方法の一つです。言葉の通り、目頭を切開して、 目の横幅を広げます。この施術では、目元が重く、皮膚が目頭にかぶさっているような 形状の人をきれいな二重まぶたに導くことができます。

蒙古ひだという言葉を聞いたことがあると思いますが、これは、アジアの中でも局部的な 特徴として東洋に現れる目元のひだのことです。これは日本人にも多く見られ、これにより 目元がぼんやりしたり、つり目に見えたり、目が若干離れているような感じがするのです。 これを解消したい、と悩んでいる人には、目頭切開法がお勧めなのです。

目頭の切開法には、実は2種類のやり方があります。一つはW法です。これは目頭をWの形に 切開することでひだの内部の皮膚を表面に出す、というものです。もう一つはZ法です。 これは目頭をZの形に切開することで、ひだのつれている状態を上下の方向で解消し、 目元をきれいに見せる、というものです。蒙古ひだによる自分の目元に悩んでいる人は 結構いるようですが、そのような人は、ぜひカウンセリングを受けて、この目頭切開法を使って きれいな二重まぶたとはっきりした目元を手に入れたいですね。

注意したいのは、目頭切開法は、基本的には元に戻すことのできない施術だということです。 きちんと計画を立てて、長い目で見て納得のできる形状に整えるようにしましょう。 切り方によっては、傷跡が目立ってしまうこともありますから、術後になってから不満が 出てこないように、しっかりとカウンセリングで手術の内容を確認しましょう。

当サイト人気コンテンツ

アイプチで自力で二重まぶた
二重になりたいと思っている人は、アイプチという商品をご存知なのではないでしょうか。これは、外科的な処置のほかの方法で二重に見せたい、という人の多くが一度は利用したことのあるといわれている・・・ 続きを読む

二重対策のマッサージについて
まずは親指でまぶたの中心を押さえます。指先が内側を向いているように両方の指でそれぞれの目を押さえます。そして、押さえている状態で目を開けます。このとき親指はそのまままぶたの中心に置き・・・ 続きを読む

二重まぶたにする整形治療
まずは「埋没法」という方法をご紹介しましょう。これは手術で二重にする方法の中でも、プチ整形といわれるほど簡単な方法です。この方法ではメスで切開することはありません。簡単に言えば糸を使って・・・ 続きを読む


【その他・人気コンテンツ】
★ 二重にするテープ
★ アイプチで注意すること
★ 二重を指マッサージで
★ なぜ二重に憧れるのか
★ どんな種類がある?


Copyright (C) 2007 二重まぶた@解説NAVI All Rights Reserved.